ロスミンローヤル

女性の願いにマッチしたロスミンローヤル

シミや小ジワは、女性の見た目年齢を一気に老けさせるやっかいものです。
実年齢を感じさせない若々しい美しさを目指すには、シミや小ジワの改善は避けて通れないと言えるかもしれません。

 

ところが、エイジングケア化粧品などでお手入れしても、なかなか思うように改善しないというお悩みを持つ方は、非常に多くいらっしゃいます。

 

そんな方に知ってもらいたいのが、「ロスミンローヤル」という商品です。

 

見た目年齢を若く保ちたい、という女性の願いにマッチした商品ですが、化粧品でも、サプリメントでもありません。
小ジワ・シミ・ソバカスへの効果が認められた第3類医薬品、つまり、お薬です。
小ジワへの効能が国内で唯一認められている製品です。

 

 

小ジワとコラーゲン・エラスチンの関係

 

女性のお肌の悩みの中で、常に上位を占めている小ジワや肌のたるみ。
これらは、いったいなぜおこるのでしょうか?

 

肌の弾力やハリが失われ、小ジワが目立つといったことには、コラーゲンやエラスチンが深く関わっています。小ジワや肌のたるみは、肌の真皮に存在するコラーゲンやエラスチンが減少してしまうことによって起こります。

 

コラーゲンは、真皮の組織を支える柱のような役割で、肌にハリを与えます。エラスチンはコラーゲンの周りに存在し、コラーゲン同士を結び付けて、肌の弾力を維持し、ハリを保つ働きがあります。

 

コラーゲンやエラスチンが減少すると、お肌の組織を支えることができなくなり、ハリが保てなくなります。すると、真皮はデコボコとした状態になり、シワとなって現れます。

 

それでは、なぜ、コラーゲンやエラスチンが減少してしまうのでしょうか?
要因として、まずあげられるのが加齢です。

 

しかし、加齢による老化といった内的要因の他にも、外的要因として、紫外線の影響や乾燥によるもの、そして生活習慣などが、実は、コラーゲンやエラスチンの減少に少なからず影響を与えています。

 

 

見た目年齢は紫外線対策やお手入れしだいで変えられる?!

 

多くの女性は、「肌のハリや弾力が失われたり、頬にしみができたりするのは、年齢を重ねれば避けられない事」と、あきらめてしまいがちです。

 

というのも、自分できちんとスキンケアをしているつもりなのに、お肌の悩みがなかなか解消されないという方はとても多く、それによって、肌の老化は仕方がないことなのだと思ってしまうのです。

 

しかし、年のわりに、しわやたるみが目立たず、実年齢よりもとても若く見える女性がいらっしゃるのも事実です。

 

どうしてこのような差が出るのでしょうか?
実は、加齢が見た目年齢に及ぼす影響は、約20%と言われています。驚く事に、残りの約80%が紫外線によるものと言われています。

 

つまり、加齢よりも紫外線の方が、はるかに見た目年齢に影響を及ぼしているのです。

 

結局、正しい紫外線対策やお手入れができるかどうかで、見た目年齢に大きく差が出てしまうということになります。

 

お肌の衰えは加齢のせいだとあきらめず、正しいお手入れを続けている人こそ、若々しさを保つことができるのです。

 

 

ロスミンローヤルをおすすめする理由

 

医薬品のロスミンローヤルは、小ジワへの効能が国内で唯一認められている(2013年6月現在)、体の内側から美をサポートする商品です。

 

しみやソバカスに効果がある成分、美肌へ導くエイジングケア成分など、13種類の有効成分が配合されているのに加え、9種類の生薬が含まれています。

 

それらの成分が血液の循環を促し、肌の奥まで栄養をいきわたらせ、真皮に働きかけて、繊維芽細胞を活性化します。それにより、コラーゲンやエラスチンの生成が促されます。

 

また、新陳代謝を整える働きもありますので、お肌をいきいきと甦らせるだけでなく、紫外線からの受けるダメージをためこまず、みずみずしいお肌を維持します。